京都結婚物語 - 京都から始まる、あなただけのオリジナルウェディング > Wedding Question > 結婚式 > 結婚式のマナー > 神社挙式の当日進行内容について教えてください

神社挙式の当日進行内容について教えてください

以前旅行で京都を訪れた際に、神社で結婚式をしているのを見かけて、京都の神社で結婚式を挙げるのに憧れています。そこで教えていただきたいのですが、神社での結婚式はどんな流れで行われるのでしょうか。式次第を知りたいです。

プロフェッショナルの回答

京都での古式ゆかしき結婚式も素敵ですよね。
今日は神社での結婚式の進行についてお教えします。
神社により若干のスタイルの違いはありますが
おおよそ内容を把握してもらえればと思います。

神社の式次第については当日巫女さんや御神職よりお二人に説明があり行う手順に沿って
その都度説明がありますので特別心配する必要はありません。

ご参考まで

参進の儀結婚の儀を告げる雅楽が演奏される中、斎主・巫女に先導された“花嫁行列”が本殿・御社殿まで進む。
入場斎主、新郎新婦、仲人、親、親族が入場。神社では楽人が先頭。神前に向かい右側に新郎、左側に新婦が座る。
修祓一同起立、斎主による祓詞(はらいことば)に続き、清めのお祓いを受ける。
祝詞奏上斎主が神前にふたりの結婚を報告し、幸せが永遠に続くよう祈る。
誓盃の儀三三九度の盃。新郎新婦が大中小3つの盃で交互に御神酒をいただくことで、永遠の契りを結ぶ。
神楽奉納巫女が神楽に合わせて舞を奉納する。神社によっては
ない場合もございます。
誓詞奏上新郎新婦が神前に進み出て、誓詞(=誓いの言葉)を読み上げる。
玉串奉奠新郎新婦が神前に玉串を捧げ、「二拝二拍手一礼」。両家代表が続く。仲人がいる場合もあり
指輪の交換結婚指輪の交換をする。
親族杯の儀親をはじめ両家の親族が、順に固めの御神酒をいただく。
斎主あいさつ斎主が、結婚の儀が滞りなく終了したことを報告する。
退場全員が退場。

 

&nbps;